アイ&カルチャ天神

欧州情勢講座・フランス大統領選が示すもの

2017年6月15日掲載

 ☆欧州情勢講座
【フランス大統領選が示すもの】
 移民・難民の大量受け入れへの反発から国民投票で欧州連合(EU)離脱を決めた英国に対し、フランスではEUの中核として主導することを訴えたエマニュエル・マクロン氏が移民排除を唱えた極右政党のマリーヌ・ルペン氏を破り、大統領となった。テロ事件も相次ぐ中、新大統領はどんなフランスを目指すのか。国民はどう感じているのか。フランス政府が運営する文化センター「アンスティチュ・フランセ九州」のダヴィッド・テュルズ館長とヨアン・ディオ講師から話をうかがいます。聞き手は井手季彦元西日本新聞パリ支局長▼28日(水)午後7~8時半。受講料1620円。通訳付き。